着物の柄には、季節感以外の意味が
込められているものがあります。

例えば、梅。
季節感でいうと「新年明けてから梅が咲くちょっと前まで」 というルールですが、松や竹の柄とあわせれば
「お祝い」という意味となり、通年着られる柄となります。

菊は秋の花ですが、昔から「万寿」という意味でも使われてきました。
菊をびっしりと敷き詰めたこの帯には、「たくさんの幸せがあなたの手元に届きますように」という願いを込めて「Million Happiness」という名前をつけました。

この帯の図案は『KIMONO姫 2 おあつらえ編』にて市川実日子さんが着用している、豆千代コレクションのアンティークが元になっています。
実物の帯は、型彫りが荒く、まるで荒い点描で描かれているようだったので、近くで見ても繊細な美しさになるようにデザインを書き直し、新しい帯として生まれ変わりました。

「素材は、正絹」

しっとりとした絹の光沢が上品な紬風のふしのある生地を選びました。

店頭で、すでに絶大なる支持をいただいているこの帯、
「一度でお太鼓がぴたっと決まる」
「軽くて疲れない」
「絶妙な配色で、似合わない着物がないくらい」など、
たくさんの感想をいただきました。
豆千代モダンの着物にも、アンティークにもコーディネートして末永くお楽しみいただけたら幸いです。

お買い物はこちらから

礼装には「丸帯」または「袋帯」を使います。
袋帯は裏面が無地なのに対して、丸帯は裏表がなく、さまざまな変わり結びが楽しめます。
織の重たい生地の場合は、袋帯の方が適している場合がありますが、この「Million Happiness」は、裏表共に同じ生地をたっぷりと使用した「丸帯」タイプをご用意しました。

結婚式や、さまざまなお祝い事、フォーマルな場所にも
お楽しみください。

お買い物はこちらから

前のページ<<

>>次のページ